ホーム » 口臭 » 口臭の原因と対策方法

口臭の原因と対策方法

口臭にはニンニクやネギなどの、それ自体が強烈なにおいを発する食べ物を食べたときにも生じます。しかしそのにおいは一時的なもので、一般的に持続する口臭が発生する原因は、たんぱく質が細菌に分解されることです。口の中に残ってしまった食べ物のカスや、新陳代謝で剥がれ落ちた粘膜などがたんぱく質であり、口の中にいる細菌がそれを分解することでガスが発生し、口臭として感じられるようになります。

http://local1521a.org/

口臭が気になるときの代表としてあげられるのは起床直後や緊張しているときです。前者は就寝中に口の中が乾燥することで、後者は自律神経のひとつである副交感神経の働きが鈍くなることで起こります。唾液の分泌が少なくなることで口臭がきつくなるのです。

対策としては、普段の生理的口臭に対しては磨き残しのないよう歯みがきをすることやマウスウォッシュ、一時的に気になるときは口の中を湿らせる方法が挙げられます。歯みがきの際は奥の歯や歯の内側、歯と歯の間、歯茎の近くが磨きにくく、食べ物のかすなどの汚れが残りやすいところです。歯と歯の間は歯ブラシを縦にして上下に動かすなど磨き方を意識しましょう。

また、唾液の分泌が減ることによる口内の乾燥を防ぐために、定期的に水で口をすすぐのもおすすめです。マウスウォッシュは菌の増殖を抑制する効果があるため、より効果的に口臭を防止することができるでしょう。