ホーム » スキンケア » 思春期ニキビの治療法

思春期ニキビの治療法

私は高校生と中学生の娘が二人いる母です。上の子が中学になるころからニキビができ始め、様々なメーカーの洗顔・化粧水・パックなど使用してきました。モイスポイントの効果を徹底検証!

しかし、どのメーカーも使い始めて一週間ほどは効果はあり、一旦少なくはなりますが完全になくなることは無く、高校生になりました。マスク生活が始まり、顎や頬はマスクで隠れますが、こもることで肌荒れの症状もでてきました。

と時を同じくして、下の子も中学生になり、なんだかニキビが増えてきたなぁと思い始めたころ、皮膚科に通ったら治ったという情報を聞き、どうせお金を出すならと皮膚科を受信することに。

ネットで調べて行くと受付から受診まで二時間程度かかるとの事で、近くにある別の皮膚科へ。外観は昭和な感じ。疑心暗鬼になりながらも受付をすまし、先ずは下の子に付き添って診察室へ行きました。外観にふさわしく、そこにいらっしゃったのはベテランのおじいちゃん先生。

内心、思春期のニキビ治療、大丈夫だろうかと不安になりました。年季の入ったスキンスコープで肌の状態を見ていただきニキビの性質、治療方法を資料をもとに慣れた口調で説明していただき、下の子は別室で赤外線治療へ。

上の子も同じようにスキンスコープで肌の状態を確認後、赤外線治療へ。先生からは一年くらいかけて飲み薬と塗り薬で治療しますと説明を受け、二週間分の薬をもらい、娘たちとまだ疑心暗鬼のまま、二週間服用して改善しなかったら別の皮膚科に行ってみようなどと失礼な会話をしながら帰宅しました。

その日の夜から飲み薬と塗り薬を使い始め、なんと二日後には明らかにニキビが小さくなっていました!さすが処方箋、そして先生への疑いは尊敬へと変わり、二週間分使い切るころにはニキビはほぼ治っていましたが、先生からは完全に治すには一年ぐらいかかりますとのことだったので、引き続き通院しています。先生は肌の状態を見ながら処方する薬を調整してくれます。

色んなメーカーのニキビケア商品も様々な研究をされて開発に至っていると思いますが、娘たちには合っていなかったのでしょう。

皮膚科を受診してから約半年たちますが、時々一つ二つのニキビは出来るものの、上の子においては顔全体に出来ていたニキビが綺麗に治っています。金額もメーカーのニキビケア商品を買うより安く済んでいて良いこと尽くめです。