ホーム » スキンケア » 20代後半になってのお肌

20代後半になってのお肌

 10代のころはお肌の悩みといえばもっぱらニキビ、シミやしわなんで悩むことになるとは微塵も思っていませんでした。ミコブルーム

最初に経験したのは忘れもしない鼻の頭にできたニキビだった、親からは潰さない方がいいよとのアドバイス。それからは寝る前に洗顔をするようになりましたが、対策したことといえばそれくらいのこと。簡単な対策をしただけでそれ以降は何かした覚えはありません、若いし平気、男だし気にすることもないだろう、そんな思いで過ごしてきました。

 そして就職してからは勤務に対するストレスや季節の肌のカサツキを覚えるようになる、今思えばこの頃から肌に違和感を感じていたのかもしれない。しかし肌のカサツキくらいであればハンドクリームを塗るくらいで済むし、カサツキが収まればそれまでであった。

仕事にも慣れ始めた20代後半、ふと鏡を見ると目じりの下にシミが。この時になって肌のケアをしておけばと後悔した。私は営業で外回りをすることも多く、近年の日照量の増加も相まって対策をしていない肌にシミができるのは当然のことだった。今までの肌の悩みは簡単な対処をしておけばすぐに治ったが今回は違った、夏には日焼け止めを塗ったりシミ消しに効果があるというクリームを塗ってみても一向に効果が出ない。

シミができただけで顔の印象がグッと老けて見えた、今になって大急ぎで対策をし始めたが、このシミが消える日は来るのだろうか。