ホーム » 口臭 » 歯磨きをしているのに子どもの口臭が良くならない

歯磨きをしているのに子どもの口臭が良くならない

歯磨きをしたばかりなのに、寝るときに子どもが口をひらくと口臭が気になります。http://sweettalkaustin.com/

細かいところまで、歯磨きがいき届いていないのかな?と思い、10分ほどかけて歯磨きをしてみました。

でも、子どもの口臭が消えることはありませんでした。

細かいところまで歯磨きをしても口臭がするということは、口の中に菌がいるのかな?と考えました。

そこで、おやつの代わりに、キシリトールが配合されてタブレットのおやつをあげてみることにしたんです。

すると、いつもよりも口臭が薄くなっていました。

他に口臭で考えられることといえば、虫歯です。

虫歯は、親から菌が移らなければ、子どもはならないと言われています。

そのことからも、普段何気なくしていることが子どもの口臭を強める原因になっているのではないかと考えたからです。

普段のごはんのときから見直すことにしました。

菌が移る原因として考えられるのは、同じスプーンやフォーク、箸を使っていることです。

徹底的に子どもと親の使う食器やスプーン、フォーク、箸を分けてみました。

そうした生活を続けていると…、口臭がピタリと止まったんです。

やはり、口の中にいる菌が影響していたのかな?と思いました。

菌となると、目には見えませんが、影響しているのだと感じました。