ホーム » 口臭 » 歯周病、歯槽膿漏による口臭について

歯周病、歯槽膿漏による口臭について

私は、40代の主婦です。小さい頃から虫歯があり、歯にはとても苦労しています。30代の頃から、歯磨き中に血が出る、歯茎が下がってくる等、歯周病の兆候が見られていました。本格的に歯科で歯周病の治療を始めたのは、40代の初めです。

ブレスマイルウォッシュは効果あり?

歯磨き指導で、歯を磨くのではなくて、歯茎にブラシを斜め45度に当てて磨くと、歯石も取れて歯磨きも綺麗にできると知り、目から鱗が落ちました。それからは、月に一度の歯石取りに行き、虫歯もなくなりました。しかし、去年、1本だけ歯槽膿漏で歯がぐらつき、歯茎から膿が出るようになってから、自分でマスクしていても口臭が気になるくらい臭く感じるようになりました。歯槽膿漏が口臭の原因でした。周りの人が臭いと思ってないだろうかと毎日気になっていました。歯槽膿漏に効くという歯磨き粉も5本くらい試しましたが、口臭は全然消えませんでした。口臭に効くという、うがい薬も試しましたが、全然効きません

いよいよ、自分でも危機感が出て、歯科の先生に相談すると、抜歯した方がいいということでした。その後、抜歯したのですが、今までの口臭は何だったのかという位、全然臭わなくなりました。歯槽膿漏で抜歯した方がいい歯というのは、詳しいことはわかりませんが、根っこから悪くなっていると思うので、取り除いたら臭くなくなるんだと身をもって実感しました。これからは、自分の歯を1本でも残す為に、また、虫歯にならないよう食事の後は必ず丁寧にフロスと歯間ブラシを使用して磨くことを徹底していきたいと思います。