ホーム » スキンケア » 表情筋を鍛えることで、いつまでも若々しい。

表情筋を鍛えることで、いつまでも若々しい。

口周りの筋肉を鍛えることは、たるみ予防にもっとも効果的で、口元の筋肉を動かすことにより唾液が分泌されます。この唾液の中には若返りホルモンを含んでいたり、血流も良くなったりという効果もあり一石二鳥です。

顔を構成している約32種類の表情筋ですが、その約7割が口元にあります。

特に口の周りをドーナツ状に囲む「口輪筋」は、あらゆる表情筋につながっているので、この筋肉を鍛えることにより、顔全体にハリを出すことができます。

辛口評価!nicoせっけんの効果と私の口コミ!販売店での市販状況もご紹介!

この表情筋を鍛える事ができれば、私の顔も少しは若返り可愛らしさを取り戻すことができるのではと考えました。そこで、私が最近実践している事を紹介したいと思います。

顔の筋肉、特に口の周りを動かすことが大事になるので、舌で歯茎の周りをグルっとゆっくり一周させます。その時、歯茎の上にかぶさる唇の内側と頬の内側を舌先で押します。これを何回か繰り返すと少し舌と舌の付け根辺りが疲れてきて、唾液の分泌も良くなります。

また口を大きく開いたり唇をすぼめてキューッと突き出したり、いろいろ考えて口の周りの筋肉を動かす努力をしています。

これらは誰かに見られると少し恥ずかしいので、一人の時限定で行います。私は在宅で仕事をしているので、パソコン作業をしながらよく行っています。

またよく笑いよくしゃべる事を心がけています。

「笑う門には福来り」ということわざがありますが、いろいろな意味で笑う事は体や精神状態に良い影響を与えます。表情が乏しいと余計老けて見えてしまいますし、笑う事で表情筋も動きます。

私はよく同世代の友人とおしゃべりをするのですが、とあることを提案しました。この年代の女性は皆、自分の顔の衰えに悩んでいます。そしておしゃべり大好きで、何時間も通話をしていたりもします。

私達は今の子のように文字コミュニケーションには慣れていなくて、昔から使い慣れたコミュニケーションツールである通話を利用することが多いです。最近では動画通話ができるアプリも多いので、通話の際はビデオ通話にしないかと提案しました。

女性であれば他人に見られているといった意識があると、表情を作ったりして自分の顔から気を抜くことがありません。お互い顔の衰えを自覚しているので友人たちも納得して協力してくれています。

友人との会話は楽しく、お腹を抱えて笑ったりするのでストレス発散にもなります。