ホーム » スキンケア » 肌が綺麗と褒められるまで

肌が綺麗と褒められるまで

幼い頃から活発だった私は外で遊ぶことが好きでした。nicoせっけんは効果あり?私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

仲のいい女の子とは、夏休み後にどれだけ肌が焼けたか勝負をしていました。

それを後悔するなど微塵も思わず…。

元々そばかすがあったのですが、肌を焼くことが楽しかった私は真っ黒な肌にある「そばかす」なんて気にしませんでした。

衝撃を受けたのは大学生になってすぐのことです。

化粧をするようになって友達と化粧品を買いに行った日。

「ファンデーションそんなに黒いの!?」と驚く友達の手には真っ白で綺麗な色のファンデーション。

羨ましい、と心から思いました。

そんな頃ハマったものがKPOPです。ご存知の通り、韓国人は肌が白くて綺麗です。ものすごく憧れました。

美肌よりも美白になりたくていろんな化粧品を試しました。すぐに効果なんて出るはずもなく、毎日毎日いろんな記事を読み漁りました。「韓国人はキムチを食べるから肌が綺麗だ」という言葉を鵜呑みに、毎日キムチを食べていた頃もありました。

化粧品をコロコロ変えることが引き金となり、もともと乾燥肌だったものがもっとひどくなりました。

そんな中、たまたまTwitterで見つけた記事に載っていた方法を試しました。もう、肌がボロボロになることも効果の出ない美白商品にも懲り懲りしていたので、あまり考えずにその化粧水と美容液を使い続けて一年。

久しぶりに帰ってきた妹に「お姉ちゃん、そばかす薄くなった?肌も白くなったね」と言われました。

仕事で肌のことまで気にしていなかったこともあり、久しぶりにしっかりと自分の肌と向き合いました。

そう言えば、前みたいにコンシーラー使ってない!と気付きました。

使用している化粧水と美容液は私の肌に合っていたのだと思います。

それから仕事を変え、有名な温泉地で仲居の仕事を始めました。毎日毎日大好きな温泉に入りました。1ヶ月もすると、お客様から「肌が綺麗ね」と褒められることがとても多くなりました。「白くて綺麗ね」そう言われることもありました。

自分の身を持って温泉は肌に本当にいいものなのだと確信しました。

温泉によって「肌」に合う、合わないはありますが、自律神経やストレスにはどんな温泉も合わないことはないと思います。

「ストレス」は本当にすぐに肌に出るからです。

悩みすぎることも焦りすぎることも良くありません。

肌の知識を増やし、ストレスを減らす。

そしてたまには肌の悩みを忘れること。

私はこうやって10年かけて「肌が綺麗」と褒めてもらえるようになりました。